亀戸の歯科・歯医者 小児歯科 矯正歯科

亀戸の歯科・歯医者 小児歯科 矯正歯科

03-5626-3621
東京都江東区亀戸4-18-20 1F

予防歯科

予防歯科について

どうして虫歯になるの?

食べかす(特に糖分・B)が残っていると、虫歯菌(A)がその食べかす(B)を分解して、ネバネバしたのり状の物質をつくり、歯の表面(C)に膜のように張りつきます。
これを歯垢といいます。
歯垢は歯の表面(C)のを溶かす酸をつくりだします。
歯垢の付着は食事直後(D)から始まります

このようにA~Dの要因がからまりあって虫歯を作り出すのです。
これらの原因を取り除くことが虫歯予防へとつながります。
では、どのようにしてA~Dの原因に立ち向かえばよいのでしょうか?

 

A.「虫歯菌」には「歯磨き」が有効

虫歯菌はエサとなる汚れのたくさんある場所(歯ブラシが当たりにくい場所)を住みかにどんどん増えていきます。
「歯磨き」で汚れをとりましょう。

虫歯菌はここが好き

予防歯科
歯同士がかみ合う面にある溝
予防歯科
歯の生え際のくぼんだ所
予防歯科
歯と歯が隣り合っている所

 

歯垢染色剤を使い歯磨きをしてみましょう。

歯の汚れは歯とほとんど同じ色で、歯ブラシを当てていても本当に汚れがとれているのか不確かです。
そこで、汚れている部分を赤く染める歯垢染色剤を用いてどこに汚れがついているのか確認し、歯ブラシを当ててみましょう。
次回からの歯磨きの参考になります。

磨いている と 磨けている は違います。

予防歯科 予防歯科 予防歯科
時々染めだし液をつけて、
磨き残しの確認をします。
赤く染まった所が磨き残しです。
磨いた後…赤い汚れは綺麗にとれています。

 

B・D.食べ物(特に糖分)、食べる時間、には気を付けよう

食べかすが歯に残っていると、それをエサに虫歯菌が歯の表面を溶かします。

特に糖分(ショ糖)は虫歯菌の大好物です。

注意してみると、お菓子には意外と多くの糖分が含まれています。

特にジュースなどの飲み物は冷たくすると甘みが抑えられるため、かなりの量の糖分が入っています。

物を食べた後からすぐに虫歯菌は侵入してきます。

だらだらと物を食べていると、お口の中は虫歯菌でいっぱいになっていまいます。

時間を決めた食事(規則正しい食生活)で生活リズムを作りましょう。

食後できればすぐに歯磨きをしましょう。

 

虫歯になりやすい食生活

虫歯になりやすい食生活をしていませんか? 毎日の様子を見直して、うまくコントロールしましょう。

甘いもの・甘い飲み物が好き

予防歯科
糖分の取り過ぎは、歯垢を増やして、歯を溶かす酸が増えます。

一日中だらだら食べている

予防歯科
歯にいつも汚れがついたままになって、虫歯菌が増え続けます。

歯につきやすい食べ物が好き

予防歯科
歯につきやすいベタベタした食べ物は、食べたあと、長い時間歯を汚すことに。

歯磨きがめんどくさい

予防歯科
磨かないと、歯垢はついたまま。自然には落ちないので、どんどんたまります。

 

C.「歯の質」は「フッ素」で強くなる。

フッ素には歯の表面をつくっているエナメル質を強くする働きがあります。
当院で行う、フッ素は4か月に1度の塗布で大丈夫です。
フッ素は定期的に適量使用することで効果が表れます(個人差はあります)。

 

虫歯予防にフッ素

表面が未熟でやわらかい小さな子どもの歯に、ミネラルの一種であるフッ化ナトリウムを塗ると、歯を固くして、虫歯予防することができます。

 

歯垢に対しては…

歯についてしまった歯垢・歯石を除去し、着色ステインを落とします。
さらに歯の表面をお薬で磨いてツルツルにすることによって歯垢を付きにくくします。

歯垢をためない、正しい歯磨きの仕方を習慣づけましょう。

当院では、これらの原因をケアしていくことで、
虫歯になりにくい」「歯周病になりにくい」お口の中の環境をサポートしていきます。

pagetop
診療案内